復旧作業 基盤 修理受付 HDD 工具 修理する男性

ハードディスクの歴史

HDD

pc用ハードディスクはパソコンの発達に伴って様々な変遷を遂げてきて今日に至ります。
簡単ではありますがその歴史を見ていくことにしましょう。
まず、パソコンの小型が進むのに伴ってハードディスクもどんどん小型化されることからその歴史は始まります。
一般用のパソコンが発売されたのは1980年代でしたが、この頃のHDDの大きさは5インチが主流でした。
しかしこの時期HDDはとても高価な品物でしたし、パソコンの基本的な動作はROMに書き込んでいました。
つまりHDDが無くてもパソコンは動いていたのです。
その後、パソコン子径庭の変化と共にHDDは安価になり、サイズも3.5インチから2.5インチへと急速に小型化が進んでいきます。
そして、990年代後半にHDDにとって革命的な出来事が起こります。
それは新ヘッド方式の開発です。
この結果、HDDの記憶容量は急速に大きくなっていきます。
更にディスクの回転速度が高速化することによってパソコン本体のスピードアップもなされました。

ハードディスイク復旧の価格傾向

工具

パソコンのハードディスクはパソコンの数ある部品の中でも最も大事なものといっても良い部分です。
人間で言えば脳の中で記憶を司る部分と言ってよいでしょう。
pcの様々なデータは全てこのハードディスクの中に記憶されています。
容量は様々な大きさのものがあり、大きさによって記憶できるデータの量が変わってきます。
このハードディスクは常にパソコンの起動時は動いているもので、長い間使用したり、立ち上げ時などでトラブルが起きたりするとクラッシュしてしまい、最悪の場合パソコンが起動しなくなってしまったり、データーが焼失してしまったりします。
こういった場合素人での復旧はほぼ不可能なので、専門の業者に復旧を依頼することになります。
気になるのが修理にかかる価格なのですが、一般的に広く認知されていないこともあり、価格の相場というものは良く分かっていないのが現状です。
中にはそのことを利用して法外な金額を請求するところもあるので、複数の会社で見積もりをとるようにしましょう。
もちろん症状の重大性によって価格は変わってきます。

もしハードディスクが故障したら

修理する男性

機械ということは、場合によっては故障してしまうなどの不具合が起きるということがあります。
現代のパソコンの品質は年々向上しており、不具合が頻繁に発生するということはそれほど多くは無いでしょう。
しかしながら、機械である以上、絶対に壊れないという保障はありません。
例えば、パソコンにおいて重要なパーツにハードディスクという物があります。
これは、パソコンを使用する上で重要なデータや個人的なデータを保存しておくのに必要なパーツです。
ハードディスクが壊れた際には、新しいハードディスクに付け替える必要があります。
新品のパーツに付け替えるということは、これまで使用していたデータは無くなるということになります。
したがって、もし元のハードディスク内のデータが必要であれば、データの復旧などをする必要があります。
データの復旧は、個人ですることもできますが、確実なのは、パソコン修理を専門にしている業者に修理の依頼をするということです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031